伊勢崎市や高崎市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウ
ス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウ
ス予約

埼玉県本庄市の地盤強度は?ハザードマップでみる注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

家づくりノウハウ
公開日:2023.11.17
最終更新日:2024.01.17
竹並建設株式会社の家づくり写真
竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.11.17
最終更新日:2024.01.17

埼玉県本庄市の地盤強度は?ハザードマップでみる注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

木目とグレーのシックで落ち着いた印象の広々LDK
埼玉県の本庄市は東京へのアクセスも良く、四季折々の美しい景色も楽しめる暮らしやすい都市です。中山道周辺には、歴史的・文化的な建築物等が点在し、古き良き時代の雰囲気を残しています。

この記事では本庄市で土地付き住宅の購入を検討している方に向けて、本庄市のハザードマップから読み取れる災害リスクなどについて解説します。
これから本庄市でマイホームの購入をお考えの方はぜひ、参考にしてください。

目 次

埼玉県本庄市の特徴

美しい街並みと楽しい暮らし
本庄市は、埼玉県の西北に位置する都市で、東京から80キロメートル圏にある都市です。
緑豊かな自然環境に恵まれており、市内北部から中央部にかけての地形は平坦で安定した地盤となっています。群馬県との県境に位置するため、埼玉の「北の玄関口」とも言われています。

本庄市の人口は77,361人(2023年10月1日時点)です。
人口の多い地区は「小島地区」が4,117人、「日の出地区」は3,764人、「東台」の3,139人などが挙げられます。

JR上越新幹線を利用すれば、本庄早稲田駅から東京駅まで50分でアクセスできます。
自然環境も良く、交通の利便性も良いことから、昔から「住むには良いところ」と言われるエリアです。

参考元:本庄市「本庄市年齢別男女人口調べ」
参考元:本庄市「本庄市町別世帯人口一覧表」
参考元:本庄市 本庄移住情報サイト「アクセス&観光/本庄市」

本庄市のハザードマップをチェック

本庄市の災害情報について詳しく知るためには、市が提供しているハザードマップを確認しましょう。

本庄市は自然災害が少ない地域で、直近で発生した水害、土砂災害における被害は以下の通りです。

2015年(平成27年)9月8日~10日 台風18号

<区域別の被害状況>
本庄・児玉地域:土砂崩れ2ヶ所 道路冠水 1ヶ所

2011年(平成23年)9月1日~6日 台風12号

<区域別の被害状況>
本庄地域:浸水(床上 4戸 床下 43戸)
児玉地域:浸水(床上 5戸 床下 8戸)、土砂流出等 7ヶ所(※うち崖崩れ 3ヶ所 橋梁流失 1橋 避難者 22人)

本庄市には利根川、小山川などの川が流れているため、台風が発生すると洪水の恐れがあります。特に利根川周辺は川が氾濫すると浸水するため、注意しなければなりません。

参考元:本庄市「本庄市 過去の災害における被害の概要」
参考元:本庄市「洪水・内水氾濫ハザードマップ」

地層の種類と地盤強度の目安

住宅の地盤調査
土地を購入するときは、地盤の強い場所を選ぶ必要があります。
軟弱な地盤であると、大きな地震が発生した際に液状化するリスクが高いからです。家づくりの一歩は地盤のチェックからといっても過言ではありません。

年代による地層区分には沖積層と洪積層があり、沖積層は地表部分が完全に固まっておらず、水分が多いため地盤が軟弱です。洪積層の地盤は硬いため、建物を建てるのに適しています。関東平野の台地では関東ロームが有名です。

地盤の強さは、「KN/㎡(1㎡あたりキロニュートン)」で表され、数値が大きいほど大きな荷重に耐えられるため地盤が強いといえます。

ハザードマップの色が赤に近い地域は災害が発生すると被害が大きいとされているため、しっかりチェックすることが必要です。

本庄早稲田駅南口は、大きな地震の際に比較的、倒壊危険度が低いエリアです。

土砂崩れの起こりやすい場所と事例

土砂災害が発生しやすい場所は、扇状地や造成地、山岳地帯、急傾斜地などが挙げられます。扇状地とは、川が山地から平地へと流れ出るところにできた扇状の土地のことです。山崩れが発生すると土石流が流れ込む危険があります。

造成地は盛土で構成されているため地質が軟弱な土地です。大雨が降ると地盤がゆるむ可能性があります。山岳地帯では地震や台風が発生すると山崩れが起こり、土石流が流れると甚大な被害を受けることが想定されます。

急傾斜地では豪雨が発生すると、突然崖崩れが発生するリスクがあるため、注意が必要なエリアです。

本庄市は全体的に平坦で安定した地盤なので、災害が発生する割合はそれほど高くありません。

参考元:内閣府「防災情報のページ 特集2 土砂災害に備える」
参考元:本庄市「位置・地勢」

液状化の仕組みと起こりやすい場所と事例

液状化とは地震の揺れにより、地盤が液体のようにドロドロになってしまう現象のことです。

地盤は地中で砂粒同士がかみ合いながら砂粒同士の摩擦で安定を維持しています。一方、地下の水面より下の地盤では、砂と砂の間が水で満たされている状態です。地震が発生すると振動により、砂粒同士のかみ合いが外れてしまうため地中がドロドロになってしまいます。この状態がいわゆる「液状化」です。地下水位が浅いほど液状化が起こりやすくなります

海岸に近い埋立地では砂粒と砂粒の隙間が多く、地下水面が地表に近いため、液状化しやすいといえます。

参考元:埼玉県「液状化について」

地盤調査や改良の種類と特徴

地盤調査とは、地盤の強さを正確に測るために行う調査のことです。調査を行う際は工事施工会社などが調査会社へ依頼します。地盤調査には、大きく分けると3つの種類があり、「スウェーデン式サウンディング試験」「ボーリング試験」「平板載荷試験」が挙げられます。

各調査の特徴と費用目安は以下の通りです。調査したい土地に合った方法を選びます。

スウェーデン式サウンディング試験

先端にドリル状の部品がついた鉄の棒を地中にねじ込んで地盤の強度を測定する。
費用目安:約5万円

ボーリング試験

調査ポイントにやぐらを組み、中空鋼管を掘削しながら沈めていく方法。
費用目安:約20万円

平板載荷試験

実際の地盤に平板を置き、そこに建物重量に見合った荷重をかけて、地盤の地耐力を計測する。
費用目安:約10万円

耐震と免震の違い

耐震建築・制震建築・免震建築
地震に強い住まいを考えるときにチェックしたいのが、耐震と免震の違いです。

耐震は壁や柱を強化することで強い建物にし、建物の構造体そのものの強度で地震の揺れに耐える構造です。耐震したい場所を設定できるため、コストを抑えられます。
ただ、他の構造と比較すると建物が大きく揺れるのが特徴です。

免震は建物と地盤を切り離しているため、地震の揺れが建物へ伝わりにくい構造です。建物と基礎の間に免震装置を設け、地震の力を受け流すことで建物の揺れを軽減します。大きな地震が発生しても建物が揺れにくいのがメリットですが、コストが高い面もあります。

>>R+house伊勢崎・高崎・太田の最高等級「耐震等級3」の高耐震な家づくり

本庄市で受けられる災害の生活再建支援金

平成28年熊本地震で壊れた民家
埼玉県では県と県内の全市町村共同により、被災者安心支援制度を実施しています。
したがって、本庄市にあるマイホームが被災したとき、要件を満たす場合は被災者安心支援制度を利用できます。
埼玉県・市町村生活再建支援金の概要は下表の通りです。
埼玉県では県と県内の全市町村共同により、被災者安心支援制度を実施しています。
したがって、本庄市にあるマイホームが被災したとき、要件を満たす場合は被災者安心支援制度を利用できます。
埼玉県・市町村生活再建支援金の概要は下表の通りです。
埼玉県・市町村生活再建支援金の概要の表
自然災害で住宅が大きな被害を受けて建築・購入する場合などに、まとまった金額を受け取れます。

>>その他にも本庄市で利用できる補助金についてはこちら
参考元:埼玉県「埼玉県・市町村生活再建支援金の概要」
参考元:埼玉県「市町村被災者安心支援制度について」

本庄市で注文住宅を建てるべき安全なエリア

ハザードマップ、防災地図のイラスト
本庄市には利根川などの川が流れているため、川の周辺地域は大雨になると氾濫する可能性があります。本庄市で注文住宅を建てるべき安全なエリアとしては、川から離れている以下の3つの地区が挙げられます。

・本庄駅周辺
・早稲田の杜
・東台

本庄市のハザードマップを確認すると、上記の地区は災害時に大きな被害を受けない可能性があります。

本庄駅周辺や早稲田の杜は学校や商業施設がある利便性の高いエリアで、子育てや日々の買い物に困ることがないのがメリットです。
東台もレストランなどが多く、気軽におでかけを楽しめます。

>>埼玉県本庄市の土地価格相場について、詳しくはこちら

参考元:本庄市「洪水・内水氾濫ハザードマップ」

本庄市での住まいづくりは「R+house伊勢崎・高崎・太田」にお任せください

黒い外壁に木目が映える外観
本庄市は都内を含め各方面へのアクセスが良く、四季の彩りを楽しめる街です。
春は川沿いに続く桜並木、秋には北関東随一の山車「本庄まつり」など、多くの見どころがあり、豊かな⾃然とゆったりした⽥園環境でスローライフを送れます。

R+house伊勢崎・高崎・太田は、建築家が設計したデザイン性の高い高性能な住宅を提供しています。土地探しや資金計画など、専門家がじっくりご相談に乗りますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

>>R+house伊勢崎・高崎・太田で現在開催中の家づくりイベントはこちら
#埼玉県本庄市#建築家 #注文住宅 #新築 #土地 #個別相談 #資金相談 #土地相談 #補助金 #制度解説 #家づくりの基礎知識 #デザイン #性能 #耐震 #地盤 #災害 #保険・保証・アフターサービス #工務店 #自然が多い #地盤が強い #地盤対策 #液状化対策

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.29

高崎市で地盤が強い土地、弱い土地は?水害リスクや注文住宅を建てるときの土地選びのポイント

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.29

高崎市の土地価格・相場は? 今後の価格推移の予想や土地選びのポイントを紹介

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.29

伊勢崎市の土地価格・相場は? 今後の価格推移の予測や土地選びのポイントを紹介

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.30

注文住宅とは?基礎知識から高崎市周辺エリアの分譲地紹介まで

前へ
埼玉県本庄市の土地価格・相場は? 今後の価格推移も予想!平屋を建てる時の目安の坪数も解説
埼玉県本庄市に住むなら知っておきたい子育て支援制度とは?助成金の内容や手続き方法を紹介
次へ
埼玉県本庄市の土地価格・相場は? 今後の価格推移も予想!平屋を建てる時の目安の坪数も解説
埼玉県本庄市に住むなら知っておきたい子育て支援制度とは?助成金の内容や手続き方法を紹介

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

竹並建設株式会社の家づくり写真
おしゃれな注文住宅の写真を紹介します。

竹並建設株式会社の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

伊勢崎展示場
住所
群馬県伊勢崎市宮子町3605-1(TBSハウジング伊勢崎会場内)
営業時間
10:00~18:00
休業日
年末年始
本庄展示場
住所
埼玉県本庄市朝日町2-19-38(本庄ハウジングステージ内)
営業時間
10:00~18:00
休業日
年末年始