伊勢崎市や高崎市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウ
ス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウ
ス予約

全棟気密測定で実現する高気密な家づくり
家づくりで最も大切な『 気密性能 』

リビング階段
『高断熱』や『UA値』というワードは家づくりをはじめるとよく目にしますが、断熱性能が良いだけでは快適な暮らしは手に入らないことをご存知でしょうか?
『高断熱』にプラスして、『高気密』と『計画換気』が大切なポイントです!
快適な暮らしに必要な3つの条件

なぜ気密測定が大事なのか?

高断熱性能を求めて家づくりをはじめる方はたくさんいらっしゃいます。ただ、断熱材やサッシにこだわっただけでは、本当の高断熱性能を実感できません。
UA値は計算で出される机上の数値です。 断熱材を施工するときに隙間が出来てしまっていたり、引違窓など隙間のできやすいサッシを取り付けると、建物全体の隙間が増え、冷気や熱気の侵入・花粉やほこり・湿気や害虫の侵入等、室内環境を保ちにくくなります。
せっかく高断熱なのに隙間のある家では、断熱材の効果を最大限に発揮することができないのです。
気密の高い家と低い家

高断熱だけでなく、高気密を考えることが大切です。
断熱材を隙間なく施工し、冷暖房で整えた空気を逃がさない事が、高気密高断熱住宅で快適に暮らすコツです。
R+houseの住宅は、高い気密性能を保持!!
安定した室温で、花粉やウイルス、害虫の侵入を防ぎ、快適な暮らしを実現できます。

高気密住宅のメリット

①省エネルギーで光熱費を節約できる(ランニングコストを抑える)

隙間が少なく、逃げる熱が最小限で済むため、小さなエネルギーで家中の冷暖房が可能になります。HEAT20のG2グレードの住宅を建てると、省エネ法の基準で建てた住宅と比べ、約6600円程の暖房費が抑えられます。もちろん、体感温度も1℃以上の高さで実感できるでしょう。
断熱レベルによる断熱費と体感温度の関係

②アレルギー対策にも効果的

高い気密性は単に適温に保てるだけでなく、カビやダニが発生しにくく、花粉やホコリによるアレルギーを軽減し、日々の暮らしの質を高めます。さらに、高い断熱性によりヒートショックのリスク軽減、心臓や脳へのストレスを緩和させ、一般住宅での暮らしと比較し、健康寿命を長く延ばせると近年の研究で判明しています。また、年々高騰しつつある光熱費。その大半を占める冷暖房のランニングコストも抑えてくれるのは嬉しい特典です。

③住宅寿命が長くなる

温度変化の大きさは結露の発生にもつながり、住宅寿命にも影響を及ぼします。目に見える結露だけでなく、壁の中にできる結露も大きな問題。気づくのが難しいため放置してしまうと腐食してしまったりカビてしまったりと、老朽化の原因になります。
その点、高気密住宅は壁の内部に結露が発生しにくい構造となっており、建物そのものも劣化しにくく住宅を長持ちさせることにもつながります。

R+house伊勢崎・高崎・太田では、ご家族の『健康で快適な暮らし』を実現し、豊かな暮らしのお手伝いをさせて頂きます。

高気密の指標となる「C値」

C値とは、住宅の気密性を表す数値のこと。数値が小さいほど気密性が高いことを表します。
このC値で表される、相当隙間面積。次世代省エネ基準では、遵守するべき項目として制定されていましたが、平成21年4月1日より、次世代省エネ基準の「エネルギーの使用の合理化に関する法律」の一部改正があり、相当隙間面積の規定や気密層の施工に関する基準が除外されました。それに伴い、住宅金融支援機構のフラット35Sの省エネルギー性に関する基準(省エネルギー対策等級4)に係る仕様についても、従前は必ず遵守すべき項目でしたが、改正後は気密工事の規定については、従前通り(一部改訂)記載されているものの、必ず遵守すべき項目では無くなりました。

しかし、断熱材の施工の難しさや壁体内結露のことを考えると、気密住宅仕様に対する強制力は無くなりましたが、改正前の考え方で気密住宅仕様は行わないと快適な家とは言えません。

全棟気密測定実施

気密測定の様子
いくら抜群の断熱性能を持った建物だとしても、隙間だらけの家では期待通りの暖かさや涼しさは得られません。言うなれば、蓋をしていない魔法瓶のような状態です。断熱・気密・換気のどれかが欠けても快適性は失われます。

R+houseでは、全棟気密測定を実施。住宅の気密性能は「C値」という指標で表されます。C値は床面積1㎡あたりの隙間面積(㎠)で示され、ゼロに近いほど隙間の少ない高気密住宅と言えます。計算で出された断熱性能(UA値)を、損なうことなく体感して頂けるよう、隙間の少ない住宅建築を行っております。

高気密にすることでしっかり換気もできる!

竹並建設株式会社の家づくり写真
断熱性能は高いはずなのに・・・高い気密性能がないとあらゆる隙間から夏の熱気や冬の冷気が入ってきて、家の中にいるのに夏暑く冬寒い家になってしまいます。

住宅には壁と床の間やコンセント、パイプの取り付け部分など、ひとつひとつの隙間はわずかなものですが、必ずどこかに隙間があります。
R+houseでは、断熱材も気密の取りやすいネオマフォームを使用し、気密測定時にはわずかな隙間もウレタンフォームにて埋めていきます。
もともとしっかり施工されている住宅でも、隙間ができることは当たり前です。なので、気密測定を施工中に行い隙間を埋めていける体制をつくります。

24時間全熱交換型換気『澄家~sumika~』を採用!


竹並建設株式会社の家づくり写真
sumikaは、排出する空気から「熱」「湿度」を回収し再利用するため、快適で省エネな換気システムです湿度も交換するため夏のジメジメも軽減でき、快適かつ家にも良い機能です。
一番のポイントはメンテナンスを良く考えた仕組みになっているということ。
給気口や排気口が床にあるため、お手入れが楽々!年齢を重ねると脚立を使って掃除・・・なんて大変になってしまいます。

R+house伊勢崎・高崎・太田のC値のお約束

R+house伊勢崎・高崎・太田でお家づくりをしていただくと、全棟必ず気密測定を行い、気密を表すC値は0.5以下をお約束。高断熱住宅かつ、高気密住宅で、魔法瓶のような熱の逃げない住宅で、快適な暮らしをしていただけます。
更に高い性能を求める場合は、是非ご相談ください!
高気密な家づくりがわかるカタログプレゼント中!
カタログをご希望の方はこちら
#省エネ住宅
#注文住宅
#新築
#高気密
#高断熱

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

住宅外観

ZEH基準を大きく超える高断熱な家づくり

いまや当たり前となった高性能住宅。断熱だけでなく、気密と換気もセットで考える必要があります。
一生に一度のマイホームで安全・安心で快適に暮らせるよう、R+houseでは高気密高断熱にこだわります。
家価値サポートロゴ

安心のサポート体制

お引渡し後のお施主様にも快適にR+houseでの暮らしを続けていただけるように、60年間に渡っておうちを守るアフターサポートプログラム「家価値60年サポート」を備えています。

アフターサポートプログラムでは、性能が高いおうちを長持ちさせ、より快適な暮らしを保つため、定期的な点検やメンテナンスなど充実のメニューをご用意しております。

お施主様の大切なおうちの資産価値を守りながら、安全な生活を送れるよう、長期に渡ってサポートさせていただきます。
伊勢崎展示場LDK

安心の実績〜創業90年以上の技術で支える家づくり〜

大工業から始まった竹並建設。
創業90年以上の実績で、地域の皆様からの信頼を頂いております。
人に向き合い、今までも、これからも、常にお客様とともに…。
おしゃれなリビング

デザイン性の高いおしゃれな家づくり

大切な家族と一番長い時を過ごす住まい。
家族全員が住みやすく、機能性も良い、そして格好いい家に住みたいと思いませんか?
R+houseは、建築家が設計したデザイン性の高い住宅を、高性能且つ手の届きやすい価格で実現することが強みです。
難しそうに思える建築家とのやり取りも、R+house伊勢崎・高崎・太田のスタッフが間に入り、親身になってサポートさせて頂きます。
また、単に流行のデザインや設備を取り入れるのではなく、飽きのこない普遍的なデザインで、快適性・省エネ性・耐久性を追求し、コストの無駄を省き、身近に感じて頂ける価格で「建築家住宅」を提供しております。
建築家とR+house伊勢崎・高崎・太田(竹並建設)がタッグを組み、満足いただけるお家づくりをサポート致します!
あなたの思いを、ぜひ建築家にお聞かせください。
竹並建設株式会社の家づくり写真

最高等級"耐震等級3"の高耐震な家づくり

日本は世界的に見ても有数の地震大国であることは皆さんご存知かと思います。

地震が多いことも有り、日本の地震対策は世界にも評価されているほど。
これから建てるお家も、地震対策をしっかり考え、耐震性能を意識していきましょう。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

家づくりの流れ
私たちの家づくりの流れをご紹介します。

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.14

群馬県高崎市の治安は?地域で実施している防犯対策や注文住宅を建てる際のおすすめのエリアを紹介

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.14

高崎市の子育て支援制度とは?助成の内容や手続き方法を紹介

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.31

群馬県伊勢崎市・高崎市・太田市で受けられる補助金は?それぞれの街の特徴や医療費支援制度を徹底解説

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.31

群馬県伊勢崎市・高崎市・太田市の建築相場と坪単価は?年収で無理なく建てるマイホーム

竹並建設株式会社の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

伊勢崎展示場
住所
群馬県伊勢崎市宮子町3605-1(TBSハウジング伊勢崎会場内)
営業時間
10:00~18:00
休業日
年末年始
本庄展示場
住所
埼玉県本庄市朝日町2-19-38(本庄ハウジングステージ内)
営業時間
10:00~18:00
休業日
年末年始