TOP

R+house

吹抜けリビング
誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。
そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。

「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうから……」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。R+houseでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。

家づくりを“建築家”に依頼するということ。

今まで限られた人にしか叶わなかった家づくりを、もっと多くの方へお届けしたい。

その想いをカタチにしたのがR+houseです。

デザイン性の高い住宅を手の届く価格で

建築家によるデザイン

R+houseの家づくりの根幹である"優秀な建築家"による設計。
お客さまのマイホームを建てる時、わたしたちはライフスタイルやご希望をヒアリングさせていただいた後に、100名程の建築家の中からご家族に最も合った方をご紹介いたします。
そして、「住みやすさ」「デザイン」「性能」すべてを満たしたお客様に最も相応しい"建築家住宅"をカタチにしています。
建築家の大切な仕事のひとつは、じっくりお施主様のご要望に耳を傾ける事。「気さくで話しやすかったから気軽にイメージを伝えられた」「たくさんの要望を受け入れた上で、予算内に収まるように提案してくれた」など、経験者から満足のお声を頂いております。
何気ない会話の中からも、住む人のライフスタイルを感じ取り、本当に望む暮らしを見抜き、丁寧に設計に落し込んでくれる。将来の家族構成や暮らしの変化まで見越した設計も、建築家だからできることです。 

永く愛せるデザイン

「目を閉じて想像してください。これから建てる家で何をしている姿が思い浮かびますか?」
建築家は時にこんな質問で、お客さまが家に求めるイメージを伺います。
一般的な設計士は「何部屋ほしいですか?」「和室は必要ですか?」という質問をしますが、建築家が行うのは何が本当に大切なのかを浮彫にするヒアリング。
そうすることで、そこで暮らすご家族が永く愛せる、空間をデザインしていくのです。 

土地を活かした設計

狭小地や変形地など、「ちゃんとした家が建つのか心配...」「光がしっかり取り込めるだろうか…」と思ってしまうような、条件が不利な土地でもお任せください。
建築家は地域やその敷地の条件、特性を読み解き、狭小地や変形地にも対応できる知識と経験を持っています。事前に敷地調査の情報を建築家と共有し、現地確認を行ってからプランニングを行います。その土地の特性や自然環境を最大限に活かし、空間に "広がり" を生み出し、驚くほど快適な家を実現致します。空間設計のプロの手で、同じ30坪の家だとしても、広く感じさせる工夫を施します。ですから、無理をして広い土地を購入する必要もありません。これは建築費全体のコストカットにもつながる大きなメリットです。資産価値をどこに向けるのかは人それぞれですが、建築が難しいと思う敷地でも安心してご相談ください。

高性能な家づくり

高断熱

R+houseは。冷暖房の効きが良く、経済的に暮らせる家を目指しています。
住宅の断熱性能は「UA値(外皮平均熱貫流率)」と呼ばれる指標で表されます。この数値が"ゼロ"に近いほど、高断熱な家づくりとなります。
家づくりを計画している方であれば、当たり前に目にするこの数値。この数字を見て、性能に関する判断をしていただけます。
⽇本の断熱性能の基準である「省エネ基準」。伊勢崎市・高崎市・太田市を含む、群馬県・埼玉県では、UA値0.87といった基準値が定められていますが、R+house伊勢崎・高崎・太田のつくる住宅のUA値は0.5以下をお約束致します。
省エネ基準・長期優良住宅基準を大きく基準を上回り、高断熱な暮らしをご提供致します。

高気密

R+houseでは、全棟必ず気密測定を実施。職人の腕で、隙間の少ない家をつくります。

高気密な家とは、隙間が少なく熱損失が少ない家のことで、その性能は C値という指標で表されます。
C値は床面積1㎡当たりの隙間面積(㎠)で示され、"ゼロ"に近いほど隙間の少ない高気密な家と言えます。

旧省エネ基準と呼ばれます、これまでの日本の目標は 5.0(㎠/㎡)です。その数値がどれくらいの隙間かといいますと、30坪程の建物で、ハガキ4枚分の面積が隙間としてあいている状態です。伊勢崎市や太田市、高崎市では冬場に強い風が吹き、冷たい風を感じる事が多くなります。せっかく建てた新築住宅で隙間風を感じるのは、大変勿体ないです。高気密にこだわる R+house伊勢崎・高崎・太田のつくる住宅のC値は0.5(㎠/㎡)以下を必ずお約束致します。その数値は、30坪の建物でハガキ0.4枚分の面積以下の隙間となります。隙間の少ない住宅で、冬の温かさと夏の涼しさをご提供致します。

計画換気[24時間換気]

気密性が優れていないと、換気をしても新鮮な空気にきちんと入れ替えることが出来ず、ウイルスを含む汚染された空気が室内に停滞してしまいます。
R+houseの住宅では、高断熱のR+パネルを隙間なく施工する事で高い気密性を実現し、快適な換気を行います。
R+house伊勢崎・高崎・太田では、第一種換気(澄家DS)を標準仕様としております。
冷暖房で快適な温度に保たれた室温を回収しながら空気を入れ替えます。夏には温湿度の交換で、蒸し暑さを防止。室内空間がサラリとしてエアコン温湿度調整が軽減でき、冬は温湿度の交換で過感想防止となり、室内空間が快適に、省エネに繋がります。吸気と排気を機械で制御(第一種)、計画的な換気を可能にし、冷暖房で快適な温度に保たれた室温と湿度を回収しながら空気を入れ替えます。
R+houseのような、高気密高断熱性能を持った住宅にふさわしい換気は、やはり第一種換気(澄家)だと思っております。

高耐震

今や伊勢崎市・高崎市・太田市に限らず全国的に地震のリスクが高まっている日本ですので、耐震性を気にされている方、大変多いかと思います。
R+houseの家は、面全体で力を支えるパネル工法。認定ビルダーのみしか取扱いのできない構造耐力面材"R+ パネル"を採用することで、地震に強い丈夫な家を実現しています。フェノールフォーム断熱材とMDF合板を組み合わせた「R+パネル」は、壁倍率2.5倍という強度を持ち、優れた耐震性を発揮します。加わる外力を分散させながら支えるので、強い横からの力に耐えられます。
伊勢崎市・高崎市・太田市を含む群馬県では、関東の中では比較的地震が少ない地域ではありますが、全国的に見ると地震の回数は決して少なくありません。地震は予知することは難しい為、もしもの時に備えて防災を行っていく必要があります。
R+house伊勢崎・高崎・太田では、耐震等級3相当にてご提案。揺れに強い建物で、安心して暮らして頂けます。

完成保証サービス

この完成保証サービスは、R+houseを建設中に工事請負契約を締結した当社が万が一、建築中に倒産等により工事を継続することが不可能となった場合、近隣のR+house加盟店が協力して工事を引継ぎ、R+houseの完成を支援するサービスです。
瑕疵担保保険は完成後のサポートの為、建築中に万が一のことがあってもサポート対象となりません。この完成保証サービスは、工事中から完成までのサポートとなります。
※事前に支払い済みの金額から工事の出来高を差し引いた前払金や工事を引き継ぐ際に生じる増嵩工事の費用について、本完成保証サービスでサポートします。
 

R+house 完成保証サービスの概要

完成保証書は、物件申込書を受理後、所定の審査を行い、工事発注者に送付いたします。
保証対象物件は、新築のR+houseに限られます。
※なお、完成保証サービスを含むアフターサポートプログラムは2019年1月よりスタートしたサービスとなります。

伊勢崎市・高崎市・太田市で建築家住宅を建てる 

家づくりをご検討されている方へ

土地探しをされている方で、「希望のエリアでなかなか理想の土地に巡り合わない…」という方もたくさんいらっしゃいます。
R+houseでは、一般的に良いと思われていない変形地や狭小地でも、建築家のプラン力で、その土地を最大限に活かした素敵な提案・アイデアをご提案いたします。
その土地ごとの良さを活かしたデザインが出来るのは、規格住宅ではない、建築家と家づくりをする一番のメリットです。
さらに、住まい周辺の景色を額縁のように活かしたり、お客様が創造していなかったような、あっと驚く建築家ならではの嬉しいご提案をいたします。
是非一度、R+house伊勢崎・高崎・太田へお問合せ下さい!
お問合せはこちらから

商品一覧へ戻る

日程が近いイベント

おすすめの事例

無料の"個別相談"をほぼ毎日開催
「お金はどれくらいかかるの?」「どんな土地を探せばいいの?」など、家づくりに関する気になることやお悩みは、まずは何でもお気軽にご相談ください!住宅のプロが丁寧にお応えいたします。

営業時間 9:00-18:00
(年末年始を除き、年中無休)