伊勢崎市や高崎市で建築家とつくる高性能な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウ
ス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウ
ス予約

伊勢崎市の住宅にかかる維持費はどのくらい?家づくりの際にできる対策を紹介

家づくりノウハウ
公開日:2023.12.27
最終更新日:2024.01.22
竹並建設株式会社の家づくり写真
竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.12.27
最終更新日:2024.01.22

伊勢崎市の住宅にかかる維持費はどのくらい?家づくりの際にできる対策を紹介

青の布ソファーがある木目のLDK
注文住宅は、建てる際に大きな費用が必要ですが、住み始めてからも維持費がかかります。そのため、長く快適に暮らせるように、住宅の維持費について把握しておくことが大切です。今回は、伊勢崎市に住宅を建てた場合の維持費について解説しますので、家づくりの参考にしてみてください。

目 次

伊勢崎市はどんな街?

電車の走る街の風景
伊勢崎市は、群馬県の南東部に位置する街です。地形はほぼ平地で、地盤が強く、地震・台風などの自然災害が少ない傾向があります。市内には多くの公園があるほか、市の南部には利根川や、支流である早川・韮川・粕川・広瀬川が流れているので豊かな自然を感じられるのも特徴です。

また、伊勢崎市は生活の利便性が高い街でもあります。鉄道はJR両毛線や東武伊勢崎線が通っていて、首都圏へのアクセスにも便利です。また、北関東自動車道や国道17号・国道462号などの主要地方道も充実しています。さらに、伊勢崎市は商店が豊富で「スマーク伊勢崎」や「いせさきガーデンズ」などのショッピングモールもあるため買い物に困りません。

>>伊勢崎市の住みやすさは?利用できる交通機関や国道、住まいづくりのポイントを紹介

気候は、日照時間が長く雨の日が少ない特徴を持ちます。冬には「上州のからっ風」が吹きますが、比較的温暖で住みやすい地域です。ただし、冬には雪が降ることもあり、2023年2月には伊勢崎市・太田地域に大雪警報が発表されました。突然大雪が降り除雪が必要になる可能性もあるので、心構えはしておきましょう。

参考元:伊勢崎市「プロフィール」
参考元:伊勢崎市「伊勢崎市ってどんなところ」
参考元:伊勢崎市「いせさきぐらし 令和5年度版」P4
参考元:伊勢崎市「伊勢崎市へのアクセス」
参考元:スマーク伊勢崎公式サイト
参考元:いせさきガーデンズ公式サイト

>>伊勢崎市の土地価格・相場は? 今後の価格推移の予測や土地選びのポイントを紹介
>>伊勢崎市のハザードマップで見る、地盤が強い土地、弱い土地は?注文住宅を建てる際の土地選びのポイント

伊勢崎市の一戸建ての維持費は?

マイホームとお金
伊勢崎市に家を建てた場合、どのくらい維持費が必要なのでしょうか?詳しく見てみましょう。
一戸建てには、主に次の維持費がかかります。

●光熱費
●メンテナンス費用
●固定資産税
●都市計画税
●火災・地震保険料

一戸建ての住宅では電気・水道といった光熱費がかかるほか、屋根や外壁の塗装、シロアリ防除などの定期的なメンテナンス費用がかかります。光熱費や修繕費に関しては、断熱性・気密性などの住宅性能を高めることで維持費を抑えることが可能です。

また、土地や家屋(固定資産)に対する固定資産税や火災・地震保険料も忘れてはいけません。さらに、地域によっては都市計画税もかかります。

ここからは、伊勢崎市の一戸建てにかかる維持費の相場をご紹介します。

光熱費

株式会社ゼンリンが調査・集計を行ったデータによると、伊勢崎市に住む2人以上世帯の年間光熱費の平均は、214,000円となりました。光熱費の中で最も多い割合を占めるのが電気代で、年間平均102,000円。次いでガス代が年間平均51,000円、水道代が年間平均48,000円となっています。月平均で計算してみると、1カ月約17,833円の光熱費がかかることになるので、目安にしてみましょう。

固定資産税・都市計画税

住宅と税金
土地や住宅といった固定資産に対して課税されるのが固定資産税です。伊勢崎市では毎年、固定資産の評価をもとに算出された課税標準額の1.4%が固定資産税として徴収されます。また、市街化区域では都市計画税がかかり、税率は0.3%です。伊勢崎市では、利根川の沿線の一部地域や、伊勢崎駅の周辺地域が市街化計画地域となっています。

では、固定資産税と都市計画税のシミュレーションをしてみましょう。課税標準額は、固定資産の評価から価格が決定され、税率をかけて税額として通知される仕組みになっています。課税標準額の目安は、土地価格の6~7割、建築費の5~7割です。なお、課税標準額は住宅設備や築年数などによってそれぞれの土地・住宅で違うため、あくまでも目安としてみてください。

【例】

土地価格:10,000,000円
建築費:25,000,000円

課税標準額を土地の7割、建築費の7割と考えると課税標準額は土地7,000,000円、建築費17,500,000円となります。

【固定資産税】

固定資産税には「住宅用地特例」があり、「200㎡以下は課税標準額の1/6」、「200㎡以上は課税標準額の1/3」です。また、新築の場合は3年間固定資産税が1/2に減額されます。今回は200㎡以下として考えると、以下のようになります。

土地にかかる固定資産税:7,000,000円×1/6×1.4%=16,333円(小数点以下切り捨て)
建物にかかる固定資産税:17,500,000円×1/2×1.4%=122,500円

【都市計画税】

都市計画税にも軽減措置があり、「200㎡以下は課税標準額の1/3」、「200㎡以上は課税標準額の2/3」となっています。200㎡以下として考えると、都市計画税は以下の金額になります。

土地にかかる都市計画税:7,000,000円×1/3×0.3%=7,000円
建物にかかる都市計画税:17,500,000円×0.3%=52,500円

参考元:伊勢崎市「固定資産税・都市計画税とは」
参考元:伊勢崎市「伊勢崎市都市計画図」
参考元:総務省「固定資産税制度について」P13
参考元:国土交通省「新築住宅に係る税額の減額措置」
参考元:総務省「資料(税負担軽減措置関係)」P7
参考元:総務省「都市計画税」

>>群馬県伊勢崎市・高崎市の住宅ローン・金利まとめ!注文住宅を建てる時に欠かせないローン選びのポイント

メンテナンス・リフォーム費用

住宅リフォーム・リノベーションのイメージ
新築住宅でも、年数が経つと劣化が始まってしまいます。長い間快適に住むためには、定期的なメンテナンスが重要です。家を建てて5年を過ぎたら、外壁や設備の点検を行うと良いでしょう。築10年目からは外壁塗装やフローリングの部分的な補修、設備の交換が必要になってくると考えられます。

メンテナンス箇所と費用相場・点検時期の目安

●シロアリ防除…200,000円/5年に1回
●外壁…1,000,000円/10~15年に1回
●屋根(スレート)…500,000円/15~20年に1回
●軒・樋(とい)・床下…1箇所300,000円/15~20年に1回
など

住宅のメンテナンス費用は業者や工事内容によって変わりますが、一戸建てにかかる費用は、トータルで6,000,000円~8,000,000円ともいわれています。仮に30年住むとすると、年間の費用負担は200,000円~270,000円です。定期的にまとまった費用が必要になるため、毎月少しずつ貯蓄しておくと安心でしょう。

住宅の維持費を抑えるための注意点と対策

「ポイント」文字と電球
住宅には意外と維持費がかかりますが、家づくりの際に対策をしておけば費用を抑えることが可能です。維持費対策としては、次のことが考えられます。

●耐久性のある建築材を使用する
●住宅性能を上げる
●アフターサービスが手厚い建築会社を選ぶ

外壁や屋根などに耐久性に優れた素材を選ぶと、メンテナンス費用を抑えることができます。伊勢崎市は「上州のからっ風」が吹く時期があるので、強風に強い外壁材を選んでみるのもひとつの手です。また、住宅の断熱性・気密性といった性能を上げると、光熱費節約につながります。定期的な点検・メンテナンスを長期間行えるよう、アフターサービスが手厚い建築会社を選ぶと良いでしょう。

参考元:伊勢崎市「伊勢崎市ってどんなところ」

>>伊勢崎市で長く快適に暮らすためのアフターサポートプログラムについてはこちら

伊勢崎市の注文住宅は「R+house伊勢崎・高崎・太田」へお任せください!

黒と木目が調和したカッコイイ外観
伊勢崎市は地盤が強く、生活の利便性にも優れているので住みやすい地域です。伊勢崎市に住宅を建てる場合は、地域の気候に合わせた建築材を選ぶと住宅の維持費を抑えられ長く快適に暮らせるでしょう。

R+house伊勢崎・高崎・太田では、デザイン性はもちろん性能にこだわった家づくりを提案しています。また、「家価値60年サポート」と題した60年のアフターサポートプログラムを備えているので建てた後も安心です。
伊勢崎市で注文住宅を建てる際は、R+house伊勢崎・高崎・太田にご相談ください。

>>高性能でおしゃれな注文住宅が手の届く価格で建てられる「R+house」
#群馬県伊勢崎市#注文住宅 #新築 #住宅維持費 #税金 #固定資産税 #家づくりの基礎知識 #保険・保証・アフターサービス

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.01

耐震とは?伊勢崎市周辺でのマイホームづくりで知っておきたい知識と地域情報

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.01

高崎市で快適に過ごせる換気システム全館空調とは?メリットやデメリットも解説

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.01

高崎市周辺の注文住宅に取り入れたい換気システムとは?換気の種類や気候を解説

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.01

高崎市で注文住宅の気密性は必要?光熱費にも影響する住宅性能の重要性

前へ
高崎市で戸建て住宅にかかる維持費はいくら?節約のための家づくりのポイントもご紹介
埼玉県本庄市の小学校や学区の特徴は?注文住宅を建てる時の学区選びのポイント
次へ
高崎市で戸建て住宅にかかる維持費はいくら?節約のための家づくりのポイントもご紹介
埼玉県本庄市の小学校や学区の特徴は?注文住宅を建てる時の学区選びのポイント

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

竹並建設株式会社の家づくり写真
おしゃれな注文住宅の写真を紹介します。

竹並建設株式会社の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅のご相談・お問い合わせはこちら

伊勢崎展示場
住所
群馬県伊勢崎市宮子町3605-1(TBSハウジング伊勢崎会場内)
営業時間
10:00~18:00
休業日
年末年始
本庄展示場
住所
埼玉県本庄市朝日町2-19-38(本庄ハウジングステージ内)
営業時間
10:00~18:00
休業日
年末年始