TOP
家づくりノウハウ
2022.11.24

~ 第一弾 ~ 高断熱・高気密住宅に大切な断熱材のこと!

古民家

皆さんは高性能なお家と聞いて、どんなことを思い浮かべますか?
よくいわれるのが、高断熱・高気密のお家です。
断熱…熱伝導をどれだけ抑えるかを表した性能。
気密…家の隙間がどれだけあるかを表した性能。
今はいろいろなメーカーが断熱性能と気密性能をよくしようと努力していますが、
今回はそんな性能を向上させるために重要な断熱材について取り上げようと思います!

目次

断熱材とは熱の移動を抑制する資材で、
特に冬と夏の快適な空間を作るためには欠かせないものです。
そこで今回は、

 『断熱材の役割と断熱材の仕組み』

という断熱材の意外と知らない部分を見ていこうと思います。

 1.断熱材の役割

昔の日本の木造住宅を思い浮かべてみてください。
昔はそもそも断熱材といった物は存在せず、
壁だけが家の中と外を仕切る役割を果たしていました。
そのため、壁を通して外の熱が家の中に伝わってきたり
隙間から外気が中に侵入してきたりと、
良くも悪くもその日の天候や気温に住居内の温度も左右されやすい造りでした。
ただ昔は現代ほど酷暑や極寒の日はありません。
だからこそ、その造りでも十分過ごすことができたのでしょう。

しかしそれも昔の話…

現代の天気は地球温暖化によって気候変動が起き、これまでの自然環境とは大きく異なってきています。
そんな中で、これまでと変わらぬ木造住宅の作りでは、猛暑の日や厳寒の日は外気温が部屋の中まで影響を及ぼし、
人間の快適な住居環境を実現できなくなっているのです。
加えて、現代の日本の建物には必須になっている冷暖房システム。
せっかく冷暖房をつけているのに、外の熱が部屋の中に伝わってきたり、逆に家の中の熱が外に逃げてしまったり、
はたまた隙間風が吹き込んでくるようなお家では、冷暖房が本来持つ効果が発揮されません。

そこでより良い住環境を実現するために大切なのが断熱材なのです。
断熱材は夏には外の暑い熱を家の中に伝えない断熱効果と、冬には暖房で温めた熱を外に逃がさないある意味、保温効果の役割を担っています。

2. 断熱材の仕組みを理解する前に…

では、断熱材が持つ断熱の仕組みはいったいどういうものなのでしょうか?

断熱材の話をする前に覚えていただきたいのが、
気体(=空気)は固体や液体と比較して断熱性能が高いということです。
このことと断熱材、何が関係あるのという感じですが、実は断熱材はこの空気の持つ断熱性能を利用することで、
断熱材としての役割を果たしているのです。

空気の断熱性を利用したものと言えば…

実は空気の断熱性能を利用した物は断熱材以外にも意外と身近に存在します。
その代表例がダウンです。
ダウンは水鳥の羽毛のことですが、羽毛はふわふわしており繊維と繊維の絡まりの隙間に断熱性能の高い空気を多く保持できるのが特徴です。
この特徴のおかげでダウンジャケットや羽毛布団といった製品は冬の機能的なアイテムとしての地位を確立しました。
また、よりダウンの断熱性能を上げたい場合には、繊維の隙間を多くし、高密度にすることでその性能を上げることができます。

というのも、空気が自由に移動してしまうと空気が持つ熱も一緒に移動してしまい、期待された断熱性能が発揮できないのです。
そこで、高密度にすると小さな繊維の隙間がたくさんでき
小さな隙間では空気が移動しづらくなることで、本来空気が持つ断熱性能が発揮されるようになります。

そして断熱材もこのダウンのような仕組みでその性能を実現しています。

3.断熱材の仕組み

ここからようやく本題の断熱材の仕組みについてです。

断熱材種類表

上の図は断熱材の種類をまとめた図です。
この図を見ての通り、
断熱材は大きく繊維系断熱材とプラスチック系断熱材にわけることができます。

そして、この繊維系断熱材とプラスチック系断熱材では断熱の仕組みが少し異なります。
断熱材も空気の断熱作用を利用しているといいましたが、その空気の保持の仕方が違うのです。
まずは下の絵を見てみてください。

繊維計断熱材プラスチック系断熱材

繊維系断熱材は上の図を見てもらった通り、繊維で構成されており、繊維と繊維の間にある隙間に空気を含んでいます。
あれ?
どこかで見た説明ですよね?
そう、繊維系断熱材はダウンと同じ仕組みなのです。
なので、ダウンと同じく、空気が動かないような細かい繊維が多く詰まった高密度の断熱材こそ、性能が良い断熱材といえます。

一方、プラスチック系断熱材は丸っこいものがたくさんありますね。
この丸いものの正体は気泡膜です。
スポンジや発泡スチロールを思い浮かべてみてください。
これらもぽつぽつと穴が空いていますよね?
プラスチック系断熱材はこんな感じで気泡膜が存在し、その中に空気が含まれているのです。
そして繊維系と同じくように、空気が動いては断熱性能が落ちるので、小さい気泡が多くあればあるほど、性能が高い断熱材になります。


4.おわりに…

さて、いかがでしたでしょうか?
断熱材って住宅にはとても大切な素材のわりにはその重要性の理由や仕組みって意外と知らないものですよね。
ハウスメーカー選びをする中で、性能の良い家を作りたいという場合には断熱材が大切になりますが、
断熱材の詳細を聞いてハウスメーカーを選ぶ方はなかなかおられません。
ただ、性能の良い家を求めるなら、断熱材について理解を深め、営業トークで惑わされないようにご自身で判断できるようにするのが、きっと後悔しないお家づくりの近道です。



平屋の注文住宅ならR+house伊勢崎・高崎・太田におまかせ!

設計の自由度が高い平屋の注文住宅では、こだわりの屋根にしてみたり庭との繋がりをもたせたり、平屋ならではの楽しみがあります。R+houseでは、建築家が手掛ける他にないデザインで、お客様のライフプランに合わせた住宅をご提案いたします。
今不便に思っている事、今後の理想の暮らし等、細かなヒアリングでご要望に寄り添います。
注文住宅を建築家に依頼するのは、価格の面でも不安に感じる方もいるかもしれません。
R+houseでは、家づくりの無駄なコストを徹底的に削減。その結果、お客様のご予算内でご希望の住まいを提案することが可能です。
伊勢崎・高崎・太田エリアでマイホームをご検討されている方は、お気軽にR+house伊勢崎・高崎・太田にお問い合わせください。

ZEH 家づくりの基礎知識 注文住宅 工務店 建築家 設計 性能 省エネ 暮らしの工夫
ママズパーティー2022 in高崎に参加して...
コラム一覧へ戻る

関連コラム

竹並建設株式会社の家づくり写真
家づくりノウハウ
2022.10.12

完成保証って知ってます?

2022.10.12
ガラス戸
家づくりノウハウ
2022.10.31

【高崎・伊勢崎・太田エリアの方必見】知っておきたい住宅展示場を回る際の注意点!

2022.10.31
竣工写真冊子
家づくりノウハウ
2022.11.01

"建築家と建てる家"のすごさ

2022.11.01
設計図
家づくりノウハウ
2022.11.01

S様邸 建築家①ヒアリング / 中田啓予先生

2022.11.01
土地イメージ
家づくりノウハウ
2022.11.09

建ぺい率と容積率てなに?【高崎市・伊勢崎市・太田市の建ぺい率・容積率を紹介】

2022.11.09
ママズパーティー2022
家づくりノウハウ
2022.11.01

ママズパーティー2022 in高崎に参加してきました!

2022.11.01